文字サイズ変更

春をまつ薬師の棚田

 暦の上では「立春」も過ぎ、春間近な2月15日

P2150006 P2150003 P2150007

 今日は薬師の棚田にきました。

 天気は今にも雨が落ちてきそうな曇り空。
 風は無いが、空気が冷たい薬師です。

 今の時期は田んぼはおやすみ状態。
 しかし、よく見ると田んぼの畦に高々と伸び、視界を遮っているはずの
茅や雑草が、見事に払われていました。

P2150009 P2150002 P2150008

 この広い棚田の草払いを、みんなで一斉に行ったそうです。
 足場が悪く、段差のある棚田で、草刈り機を1日半も使い続けることは
とてもたいへんな作業です。

 でも、ここ薬師農地保全会のメンバ-はやってのけるのです。
 みんなで飲む、だれやめを楽しみに。

 今年度はせっかく植えたさつまいもが、アナグマの被害にあったそうです。
 猪,鹿は当たり前の薬師。とうとうアナグマまで。

 この被害を教訓に、来年度はもっと心して鳥獣被害対策をしなければ
と話されていました。

 明るく仲の良い薬師農地保全会。
 来年度もケガや病気をしないよう、棚田を守って下さいね。

〒892-8543 鹿児島市名山町10-22
鹿児島県土地改良事業団体連合会
TEL:099-223-6111
Copyrigth(c) 棚田等保全協議会かごしま All right reserved.

  • 鹿児島県
  • 水土里ネット鹿児島
  • 水土里サークル活動
  • 全国棚田連絡協議会
  • 農美展