文字サイズ変更

10月28日 八重の稲刈り

  10月最後の週になり、黄金色に輝いた稲穂はすっかり
 刈り取られ、田んぼには稲株が整然と並んでいました。

 そんな田園風景の中、ぽつんと残された稲穂のたれる田んぼが2枚。
 10月28日は八重の棚田の稲刈りです。

PA280015PA280042PA280026PA280013

  稲刈り体験家族、おとな11名・子ども7名・幼児4名の22名
オ-ナ-家族 38名、地元・行政担当者 33名
総勢93名のにぎやかな稲刈りになりました。

  開会式を終え、いよいよ稲刈りです。
 早朝は露でぬれていた稲も、ちょっと冷たいと感じる秋風で
さらさらと乾いてきました。 

PA280027

 一枚の広い田んぼが、体験用に準備されていました。
 稲刈り体験家族には、戦力になる人はほとんどいなくて、
約1時間半で稲を刈り、束ねて掛け干しを終わらせるのは、到底
無理だと判断。

 地元や行政も指導や情報収集だけでは無く、一生懸命作業を
することになりました。

PA280053PA280047PA280059

PA280044PA280055PA280061

PA280082PA280050PA280036

PA280074PA280063PA280077

 でこぼこ田んぼでは、足を取られ転ぶ事が平地より多いです。
 刃物を持って歩き回らないとか、使わないときのカマの始末の仕方
など、もっと徹底して指導するべきだと思いました。
 子どもだけでなく、おとなにも。

  子どもに農業体験をさせることは、大変素晴らしいことだと思います。
 しかしケガや事故に繋がる事もたくさんあります。
 楽しい体験をするためには、「農作業は遊びではない」と思って参加
してほしいと思います。 
 地元も方の気遣いや、開催準備が無駄にならないためにも。

 みんなで頑張ったおかげで、時間内に稲刈りを終えることができました。

PA280108PA280112PA280106

 八重棚田館でおにぎりと手作り漬け物を頂き、閉会解散となりました。
 来年も稲刈りしたいと、思ってもらえたら嬉しいです。

PA280095PA280098

 11月はそば刈り、八重の畑にはそばの白い花が咲き乱れていました。

PA280019 PA280021

〒892-8543 鹿児島市名山町10-22
鹿児島県土地改良事業団体連合会
TEL:099-223-6111
Copyrigth(c) 棚田等保全協議会かごしま All right reserved.

  • 鹿児島県
  • 水土里ネット鹿児島
  • 水土里サークル活動
  • 全国棚田連絡協議会
  • 農美展